読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRY UNITE

声優、アニメ、たまにサッカーの事について、感じたことをつらつらと。

「ものがたり」の話。

どこで読んだ話か忘れてしまったけれど、「ものがたり」を通すと一つの事象、ものが伝わりやすいらしい。何かの魅力を伝える時に、ストーリー仕立てにして、事実と合わせて感情までセットで伝えた方が、良いとかなんとか。そんな話だった気がする。

オタクであるところの僕は、今の今まで「ものがたり」に影響を受け続けてここまで来たのだと感じる。影響を受ける、という言葉を正確に言うと「その心地よい中に浸って、何も考えな」かったんだと。

 

僕の好きなアニメの世界は心地が良くて、ただそこに浸っていれば良かった。自分の中の喜怒哀楽を震わせてくれるものを、ただただ享受するだけの時間。

それが変わったのがいわゆるアニメの「中の人」を意識した瞬間だったように思う。アニメの向こう側では、ひとりひとりの人間が一生懸命に作品を届けようとしている。その当たり前の事実に、頭ではなく、身体でも感じられた時に、僕の頭のどこかにあるスイッチが切り替わったんだと、今から振り返るとそう思う。2012年4月8日は僕にとって、スイッチを押してくれたとても特別な一日でした。

 

一つのとても魅力的な「ものがたり」に触れて、自分の人生がどうやったらもっと楽しくなりそうか。そう考える瞬間が増えました。アニメに触れて楽しい時間はもちろん充実しているけれど、そこから離れても、自分の人生がもっと何とかならないものか。そう思っていると、いろいろとやりたいこと、やらなきゃいけないことがたくさんあって、それを手の届くところから一つずつ、一つずつ、一生懸命にやってきたつもりです。

 

そうやって一生懸命にやってきた中で、先日2016年7月9日を迎えました。その日一日で、楽しい事、嬉しい事だけではなく、嫌な事、苦しい事まで、日が経った今でもなかなか上手く消化できていないことばかりです。ただ、消化できたことを挙げるとすれば、もっと自分と向き合って、まずは自分の身の周りにあるいろんな壁をよじ登ろうとするところをしないといけないし、そこに時間をかけたいと思うようになりました。きっとその壁は前からあったのに、見て見ぬふりをしてきたものばかりであるように思えます。楽しいことは2012年からたくさんあった。だから今度は時間とお金の使い方を少し変えてみようか。と思っています。与えられるのではなくて、自分自身がもっといろんな経験をしてみたい。心からそう思わせてくれる素晴らしい時間、一日でした。何より、自分の時間を、毎日を一生懸命生きることがどれだけ楽しくて、それを積み重ねていくと、何が得られるのか。それをまざまざと感じさせてくれた気がします。

 

皆さんはどんな「ものがたり」の中で過ごしたいですか?

今、僕はアニメと同じくらい、そこに興味があります。皆さんの中でアニメはどんな位置づけで、どんな風に付き合っているのか。そこから皆さんはどんな「ものがたり」を生きているのか。アンケートの選択肢の中からではなくて、どこかの居酒屋でそんな話をたくさんすること。それを今後の小さな楽しみとしたいと思います。