読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRY UNITE

声優、アニメ、たまにサッカーの事について、感じたことをつらつらと。

ライブ LAWSON presents 高垣彩陽 3rdコンサートツアー2016 “individual” 相模大野公演

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

 

4月16日に相模女子大学グリーンホールにて開催された、高垣彩陽さんのライブに参加してきました。

そこでの感想をネタバレを多分に含んでお届けするので、セトリなどまだ知りたくない方はご覧にならない方がよいかもしれません。

 

 

 

僕自身、すごく久しぶりのライブ参加でしたが、心の底から参加してよかったと思える時間になりました。

きっとこの日、参加された方々も思い思いの期待を胸にライブに参加されたと思います。

僕自身は「音から発せられるパワーを全身で受け止めに」参加しました。

我ながら気持ちが入りまくった気持ち悪い理由ですが(笑)

 

ただ、僕がライブに参加するのは「自分の肌で、その場の雰囲気を感じられるから」「他のファンの方と作り出す雰囲気は何物にも代えられない」と、有難いことにこれまで参加したライブから学んだと感じています。

また、特に高垣さんは同い年ということもあって、彼女が発する言葉、雰囲気、愛らしいダジャレまで、どれもが自分の力になってくれていました。

お仕事に対する姿勢、キャラクターとの向き合い方、周囲への感謝。

上手くメリハリをつけながら、どんな瞬間にもそういった姿勢が感じられる気がして、そしてそういう姿を拝見することが、自分の日々を生きる活力になっていました。

 

ライブは、『Walking on Sunshine』からスタート。

前回のツアーでも同じように思いましたが、アルバムの一曲目からライブをスタートさせるっていうのは、個人的にすごく良いと感じています。

なぜって、一曲目から知っている曲が流れるって安心しませんか?

前回のツアー、僕は予習して臨みましたが、一曲目って繰り返し聞く回数が多くなる曲ですし、高垣さんの場合、その良く聴いた曲がCDよりも断然いい!となるんですから、一気に以降の曲が楽しみになるんですよね。

 

次の曲に『君がいる場所』を選ぶのも、高垣さんらしい選曲だと思います。

私と連番してくださった方は、デビュー曲から高垣さんを応援していらっしゃる方でしたが、その方がライブ終わりにこの曲が聴けたことを熱っぽく語ってくださった理由がすごく良くわかります。

一曲目が「今」の高垣さんを代表する曲なら、この二曲目は高垣さんにとって、そして熱心に応援されるファンの皆さんにとってはそれこそ代表曲の一つ。

個人的にはこの二曲だけで、かなり多くのファンの心をぐぐっとライブに引き寄せてくれた気がしています。

 

そこからは2ndアルバムに収録されている曲が続き、個人的には『Secret of my love』が印象的で、というのも、さすが30歳!という大人な振付が心に刺さって、脳内にあやひとり旅でのせくしぃ写真が自然と思い出されたり。

このあたりは曲調の変化が大きかった印象があるんですけど、どれも自然と曲の世界に引き込んでくれるあたり、さすがだなぁ、さすがだよなぁって、ぼーっとステージを眺めていた気がします(笑)

 

そこから、お着換えタイムを挟んで、アヴェ・マリアを披露してくださったあたりから、僕の心のスイッチが切り替わりました。

ライブに参加するまで、胸が苦しくなるほど、熊本・大分の地震のニュースを見。

ライブに行けるの、幸せだよな、、、

ってぐっと感謝してから、ライブに足を運んだこともあって、高垣さんが地震の追悼の為に歌っているように、勝手に脳内変換してしまったんですよね。

美しい歌声は全身で音を浴びていて、心地よくすらあって。途中から鳥肌が止まらずでした。

 

そこから『dream a dream』で女優高垣さんに魅せられて、次の曲に移るまでに高垣さんから

「次に歌う曲は、自分がアルバムを作るときに、どうしても記憶に関する曲を入れたかった」

といった主旨の発言をされて。

ご出演された「私の頭の中の消しゴム」という朗読劇での、思いが強かったんだろうなぁとぱっと感じたんです。

そこから「ご縁を大事にする高垣さんらしいなぁ」「それで、自分はどうだろうか」と思っていたところに、歌っていただけたところが、個人的な今回のライブのハイライトになりました。

 

『記憶の湖』

 

という、アルバム収録曲だったのですが、歌い出しから、地震のこと、日頃自分が周囲に対して大切に出来ていないこと、それに対する後悔がそれこそ頭の中を駆け巡って、途中から涙が止まりませんでした。

自分は幸せだなぁっていうポジティブな気持ちから、自分は今まで何をやってきたんだろうっていうネガティブな気持ちまで。

そういう気持ちを柔らかく、優しい歌声ですべて包んでもらっている気がして、それはそれは頭の中がとっちらかって、大変でした(笑)

この後『愛の陽』を歌ってくださったとき、回りの方々はすぐに立ち上がって、盛り上がっていたのですが、僕はもう立ち上がれなくて。

オタクはつえぇなぁと思いつつ、ぶわーっと湧き出して止まらなかった感情を整理するのに精いっぱいでした。

 

そこからあとはもう、消化試合だな、、、

と思っていたら、歌わないと勝手に決めつけていた『夢のとなり』を歌ってくださって、また感情の波を抑えられませんでした。

この曲は、当時仕事がきつくて、それでもがんばらなきゃいけない状況を励ましてもらうように聴いていて、その時を思い出してしまって。

つらかったけど、あの時頑張れたおかげで、ここまで何とか楽しくやってこられた気がしていて、いろんな感情がどばっと噴き出してしまいました。

まがいなりにも、三年間、ご活躍を拝見してきてよかったなぁ、と強く感じた瞬間でした。

 

ちなみに、このライブ中、高垣さんがライブでやりたいこととして、ファンの皆さんの近くにいく、ということで、歌唱中に通路へ行く、ということをしてくださったのです。

普通はそこでテンションが上がりに上がると思うんですけど、いろんな感情が湧き出てしまって疲れたオタクは、あんまり近くに来てくれた現実を直視できなくて、ありがたい気持ちを掴み損ねました。小さい身体を、あんなに近くまで連れて来てくれたのに、、、

 

もちろん、これ以外にも『縁』を初めて生で聴けたりとか、いいライブだなぁと思えた瞬間はたくさんあったのですが、ブログを書くのにいろいろと思い出してて疲れたので(笑)、ひとまずここまでとしたいと思います。

ツアーグッズ、何も買わなくてもいいや!と思っていた前日。

実際にグッズを見たら、グッズ、いやいや、ガチャ、いやいやと悩みに悩んで、結局買わずにいたライブ前。

悩んだのを忘れたように、フォロワーさんをお待たせしてまで終演後に物販に並んでしまったことが、今回のライブに参加して良かった!という気持ちをわかりやすく表してくれていたように思います(笑)

今回参加して、心から良かった!と思ったので、次回どういう心持ちでライブに行けばいいのか、全くわかりません。

中野サンプラザ行き納め、は何か違うし、「ひとまず」高垣さんのお姿を見納め、という気持ちで、今回に続き、次回も湿っぽい気持ちになってしまいそうです(笑)