読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRY UNITE

声優、アニメ、たまにサッカーの事について、感じたことをつらつらと。

キャラソン 「テトテハ」(少女たちは荒野を目指す 歌:黒田砂雪)

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

 

2月10日に発売されたアニメ、少女たちは荒野を目指すのED『世界は今日もあたらしい』のカップリングとして収録されている『テトテハ』を聴いてみた感想を、ここまでのアニメの印象と合わせて整理してみます。

 

作中ではクールな黒田さんのイメージが強かったので、曲を初めて聴いたときは少し違和感を感じました。しかし5話まで放送されたアニメの展開を踏まえれば、あるいは青春ものの作品にはつきもの?である、キャラクターの変化を歌った歌だと思えば、曲のつくられた背景が自分の中ですっと腑に落ちた気がします。

 

僕自身も最近つくづく感じますが、互いの素直なところを見せあうことで、より強い関係性を築けます。砂雪さんはテトハと意見をぶつけあいますが、ぶつけあうからこそ、周囲も含めてより良い関係が生まれる、アニメを通してそんなメッセージを感じています。また少し話は逸れますが、素直に互いに対して感想を交換しあうことで、何かをしようというモチベーションが生まれる、というのもアニメを通して得られる印象の中でとても好感が持てる要素だと感じています。

 

『テトテハ』では、個性豊かなキャラクターが手と手をとりあってひとつのゲームをつくるという、作品の大きな背景と、手と手をとりあうことで生まれた砂雪さんの変化を、千菅さんの温かさを押さえつつも、やさしい声で表現されていて、まだ見ぬ作品のひとつのエンディングを予感させてくれました。

※個人的な偏見では、クールキャラルートのエンディングって、主人公にはクールではない一面を見せてくれて、という展開が多い気がしていて、砂雪さんも例にもれず、ということなのかも。

 

閑話休題。キャラソンを出してくださるイメージの強いランティスさん。TwitterのTLで砂雪さんがED!みたいな話をふわっと聞いた時、真っ先にイメージしたのはクールで、しとやかな曲でした。セリフの中に「おもはゆい」という言葉が出てくるくらいの砂雪さんのクールな一面を曲で表現してくれたら、千菅さんのまたあらたな歌の表現に出会えるかも?!と妄想だけ、たくましくしてしまっていました。先日、アルバムの発売が発表された千菅さん。最近は演技も表現の幅が広がっていますが、元々歌は吸い込まれるくらい多彩な表現が出来る方なので、どんな製作陣が、どう千菅さんの個性で遊んでくれるのか、今から本当に楽しみでなりません。

 

話をアニメ本編に移すと、PC美少女ゲームの定番である「絆を深めると、そのキャラクターの深いところがわかる」のを、アニメでも忠実になぞっているように思います。個人的にはキャラクターの過去、個性の背景に早い段階で触れたいと思っているオタクなので、もどかしさを感じています。しかし、ふと冷静に?なれば、普通の人間関係ってそういうものですよね(笑)。はじめっから深い付き合いが出来るわけではなく、徐々に経験を共有することで、仲が深まる。深まったのを感じたときに、いろんな感情を得られるのが、美少女ゲームのひとつの楽しさであるように思いますし、ゲームのような展開を見せているアニメを好意的にみています。

 

アニメでは高校時代を描き、来月発売されるゲームではその後の展開も楽しめると聞いています。「モノを自分たちで生み出すことの魅力」という、今の自分には非常にタイムリーな内容を描いてくれている作品なのもあって、まずアニメではどんな展開を見せてくれるのか、今後も楽しみにしています。

 

www.amazon.co.jp

 

蛇足1。そういえばギャルゲーって何をプレイしたことあるんだっけ?と思って振り返ってみたら、大学時代のバイト先で知り合った元ゲームショップ店長の警備員さんからお借りした『CLANNAD』だったのを思い出しました。ゲームプレイして、すぐにアニメ観て。思い出してたら、またアニメ見返したくなってきました(笑)当時はツンデレ属性だったからか、杏ちゃんが好きだったなぁ。今見たら印象変わるのかも。

 

蛇足2。千菅さんの魅力である「歌」は存分に発揮してほしいと常々思っているので、ランティスさんには感謝しています。アニメの主題歌といえば、疾走感があって、かっこよくて、ということである程度テンプレ化している印象もありますが、キャラソンはキャラクターの個性に合わせた歌声、表現が聴けるので、表現の多彩な、歌の上手い千菅さん向きなところだと思っているので、これからも期待したいです。『学戦都市アスタリスク』や『アイドルマスターシンデレラガールズ』でも、聴けたりするのかな?!と勝手に期待しつつ、願わくば少しでもたくさんのオタクに生歌を聴いてもらって、歌の上手い声優といえば、でパッと名前を浮かべてもらえるようになるといいなぁ。